“くり”めぐりあい物語

“くり”めぐりあい物語

第拾二話

ひと口で、爽やかにレモン香る
生まれ変わった「初恋檸檬」の物語。

お買い求めこちらから

今月は【初恋檸檬】


恵那川上屋らしい
レモンケーキへの挑戦

恵那川上屋には、恵那峡店が開店した当初からスポンジ生地にレモン風味のチョコレートをコーティングしたレモンケーキがありました。その後、製造販売を一旦終了したものの、弊社代表 鎌田が街へ出かけた際にインスピレーションを受けたことをきっかけに「恵那川上屋でもう一度、レモンケーキをはじめたい」と再出発をし、おいしさをさらに追及した新たなケーキづくりに挑みました。

レモン香るホワイトチョコ
「初恋檸檬」が誕生

販売初期の生地を大きく見直し、軽やかでしっとりとした口当たりのレモンケーキへと改良。表面のコーティングにはくちどけの良いクーベルチュールのホワイトチョコレートを使用し、レモンの表皮を入れてフレッシュな風味をプラスしました。甘酸っぱさが口に広がるレモンケーキは「初恋檸檬」という名でデビューし、以来ロングセラー商品として地域の皆様に愛され続けています。

夏場でもおいしく
爽やかにリニューアル

そして創業60周年を迎える今年、「暑い時期にさっぱりとした味わいの焼菓子が食べたい」といったお客様からのお声にお応えする形で、初恋檸檬を大きくリニューアルしました。
新たに自家製の栗きんとんと焙煎栗パウダー、クリームチーズを生地に加えて焼き上げています。しっとり感が以前にも増して口当たりが良く、またレモンをふんだんに使うことですっきりとした爽やかな酸味が一層感じられるように生まれ変わりました。大きさもひと口サイズにチェンジし、見た目の可愛らしさや食べやすさも進化した新しい初恋檸檬をぜひ一度お試しください。

お店で愛され続けるレモンケーキ
「初恋檸檬」がリニューアル

レモンとホワイトチョコの爽やかな甘さとともに
栗きんとんとクリームチーズで風味豊かに生まれ変わった「初恋檸檬」
恵那川上屋の自信作をぜひご賞味ください
くりめぐりあい物語
  • 旅する山ノ栞 JAM JOURNEY さくら・うめ

    渋皮入り栗きんとんを生地に練り込み、さっくりと香ばしく焼き上げる栗のサブレ。恵那川上屋で30年以上前から愛されるこのお菓子は、ふるさとの小径を散歩する道すがら、ふと拾い上げたひとひらの木の葉をそっと愛読書の栞に…。そんな情景を想い「山ノ栞(やまのしおり)」と名付けられました。 その山ノ栞が、風にのって日本の旅へ。先々で出会う地域ゆかりの味わいを栗サブレに加え、新しいおいしさをお届けするのが「旅する山ノ栞」シリーズです。四季折々の花や果実など、日本各地で出会った選りすぐりの大地の恵みをぎゅっと濃縮してジャムにし、栗サブレと合わせています。 サクサクした栗サブレの味わいと、艶めくジャムの彩りが目にも楽しい、新しいサブレシリーズ。 通常、「おかしな大地from farm to spoon覚王山店」のみで販売しているシリーズを、今回特別に通信販売でもご用意しました。ぜひこの機会にご利用ください。

    【お届け期間限定】
    5月上旬まで
    • お届け期間の異なる商品を同時にご注文することができません。
      期間の異なる商品を同時にカートにお入れになりませんよう、お願いいたします。