“くり”めぐりあい物語

“くり”めぐりあい物語

第三話

東美濃の豊かな自然の恵み
旬を味わう贅沢おこわ

oお買い求めこちらから

今月は栗入りたけのこおこわ


木曽川の朝霧、
肥沃な大地が育んだ
「瀬戸の筍」

岐阜県恵那市のお隣り、中津川市瀬戸地区で栽培される飛騨・美濃伝統野菜「瀬戸の筍」。木曽川右岸の東・南面に広がる日当たりのよい竹林で、たっぷりと太陽の光を浴びてすくすくと元気に育ったブランドたけのこです。木曽川から立ち上がる朝霧と御嶽山の火山灰が積もり重なってできた肥沃な土地に恵まれる中、生産者の皆さんは土壌改良にも力を注ぎ、おいしいたけのこづくりに日々取り組んでいます。お刺身で味わえるほどやわらかくアクが少ないのが特徴で、優れた食味から料理店向けや贈答用としても人気の高い銘柄です。

掘れたての
やわらかなおいしさを
評判おこわに

そんなこだわりの詰まった旬の味覚を贅沢にお楽しみいただけるのが、毎年好評の「栗入りたけのこおこわ」です。掘りたての新鮮なたけのこを灰汁抜きから丁寧に下ごしらえし、穂先や根元など部位によって切り方・刻み方などを変化させながら程よい歯ごたえに仕上げています。
また、たけのこの魅力を引き立て、栗の風味を存分に味わっていただけるように甘みの強い中国栗を選り抜きました。もち米とうるち米の比率も工夫し、ふっくらと蒸しあげたお米に熱々の出汁を加えることで、お米一粒一粒にしっかりと味がしみ込んだおこわです。

旬の味覚を、
いつでもご家庭で手軽に

ふわりと鼻にぬけるたけのこの香り、ほっくりした栗の甘み、もちもちとしたおこわの食感が調和した年に一度のご案内となる季節限定品です。電子レンジで温めるだけで簡単、急な来客へのおもてなしや夜食にも重宝する一品をこの機会にぜひどうぞ。

旬を味わう贅沢おこわ

やわらかく香りの良いブランドたけのこ
『 瀬戸の筍』を使った栗入りたけのこおこわです
年に一度のご案内となります是非ご賞味ください
くりめぐりあい物語
  • 旅する山ノ栞 JAM JOURNEY さくら・うめ

    渋皮入り栗きんとんを生地に練り込み、さっくりと香ばしく焼き上げる栗のサブレ。恵那川上屋で30年以上前から愛されるこのお菓子は、ふるさとの小径を散歩する道すがら、ふと拾い上げたひとひらの木の葉をそっと愛読書の栞に…。そんな情景を想い「山ノ栞(やまのしおり)」と名付けられました。 その山ノ栞が、風にのって日本の旅へ。先々で出会う地域ゆかりの味わいを栗サブレに加え、新しいおいしさをお届けするのが「旅する山ノ栞」シリーズです。四季折々の花や果実など、日本各地で出会った選りすぐりの大地の恵みをぎゅっと濃縮してジャムにし、栗サブレと合わせています。 サクサクした栗サブレの味わいと、艶めくジャムの彩りが目にも楽しい、新しいサブレシリーズ。 通常、「おかしな大地from farm to spoon覚王山店」のみで販売しているシリーズを、今回特別に通信販売でもご用意しました。ぜひこの機会にご利用ください。

    【お届け期間限定】
    5月上旬まで
    • お届け期間の異なる商品を同時にご注文することができません。
      期間の異なる商品を同時にカートにお入れになりませんよう、お願いいたします。