会社情報

社長メッセージ

どんな地域にも、風味・風土・風景という三つの風があります。風味とは伝承される食文化、風土はそれを生み出す農業、風景は地域性を映す芸術や感性。恵那川上屋は、この三つの資源を大切に受け継ぎ、さらに発展させ、創造することを志しています。岐阜県東濃地方の特産である栗は、生産者の皆様と汗しながら育て、行政もJAもひとつになってブランド化を目指してきました。「地域のために」という想いをひとつにし、強い共同体となることで、価値ある素材は生まれます。その素材をさらに価値あるお菓子に変え、風味・風土・風景という三つの風を吹かせる。そしてともに成長し、感性は磨かれ、さらなる価値の交換は生まれます。恵那川上屋が夢見ているのは、「農家の自信」と「地域の自慢」づくりで地域がより豊かになり、100年後、200年後の名物が育っていく未来。栗からつながった多くの素材、さらには地域と仲間。この関係を大切につむぎながら、恵那から全国の栗生産者に希望を広げ、誰もが喜び合える事業を創造していきます。

代表取締役

企業理念

環喜、 貫喜、 大歓喜

お客様、生産者、従業員、三者の喜びをつなぎ、すべてにおいて
それを貫き、あらゆる人を満たす大きな喜びを生み出す。

ビジョン

お客様の期待を超える価値を創造し、
感動と満足を提供していく

事業紹介栗栽培から販売までサプライチェーン

自社農園での栗の栽培・研究から、素材調達・加工、菓子の開発・製造、販売まで
自社で一貫して行い、各工程で独自の価値を創造しています。

マーケティング

市場動向を踏まえ、商品展開、販売戦略などを立案

栗栽培・研究

栗の品質を追求するとともに各生産地をネットワーク化

素材調達

地域の輝く素材を発掘し、厳選

素材加工

栗は収穫後24時間以内に加工

菓子開発

独創性を重視した和菓子、洋菓子、焼菓子を企画・開発

菓子製造

恵那、信州、種子島の工房にて菓子を製造

品質保証・安全管理

表示・検査・衛生管理により、安全安心を確保

プロモーション販売

直営店、通信販売を通じてお客様との絆づくり

会社概要

社名 株式会社恵那川上屋
創業 1964年 6月 6日
代表取締役 鎌田真悟
所在地 〒509-7201 岐阜県恵那市大井町2632-105
電話番号 0573-25-2470
従業員数 308人 (2017年5月現在)
資本金 8,000万円
関連会社 株式会社里の菓工房
有限会社恵那栗
株式会社信州里の菓工房
一般財団法人横井照子ひなげし美術館

会社案内PDFダウンロード

沿革

1964年 6月 初代 鎌田満、恵那市に 「恵那川上屋」 を創業
1972年 7月 洋菓子の製造販売を開始
1978年 8月 有限会社ブルボン川上屋を設立
1981年10月 恵那中央店を開店
1987年 1月 瑞浪店を開店
1992年 8月 本社移転、同時に恵那峡店を開店
1996年 4月 高山店 (飛騨里の菓工房)を開店
1998年 5月 鎌田真悟、社長就任
2000年 9月 可児店を開店
2001年 5月 株式会社里の菓工房に社名変更
2004年 4月 有限会社恵那栗を開業
2004年11月 横井照子ひなげし美術館を開館
2005年10月 岐阜髙島屋店を開店
2006年 1月 種子島里の菓工房を稼働
2008年 7月 株式会社恵那川上屋に社名変更
2009年 7月 株式会社信州里の菓工房を開業
2011年 3月 二子玉川店を開店
2015年 3月 星が丘店を開店
2016年 4月 咲久舎 可児御嵩インター店を開店