栗きんとん

栗きんとん

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

栗きんとんは、岐阜の美濃地方に縁ある郷土菓子。栗にこだわる恵那川上屋が厳選した栗と少しの砂糖を合わせて炊き、一つ一つ手絞りで仕上げた逸品です。栗の品種や収穫期によって砂糖の量や炊き時間を工夫。手鍋で丁寧に炊き上げる昔ながらの味をお手本に、菓子職人が真心込めて炊き上げています。ほっこり心温まる素朴な食感をお楽しみください。。

【お届け期間】9月10日〜1月下旬

商品名 栗きんとん
特定原材料
等28品目
使用なし
お日持ち 3日
配送条件 冷蔵・常温

お伝えしたい栗のことStory

  • 栗きんとん

    栗きんとんは、岐阜の美濃地方に縁のある郷土菓子。栗と少しの砂糖を合わせて炊き、一つ一つ手絞りで仕上げたほっこり心温まる素朴な栗菓子です。

    めざすのは、おばあちゃんの味。

    恵那川上屋がある岐阜県東部は栗きんとん発祥の地と伝えられています。天然の山栗を素材に山里の家々に伝えられた郷土菓子がいつのまにか全国でも名高い銘菓になりました。
    いちばん美味しい栗きんとん、それはおばあちゃんが手鍋で炊いたあの味。
    裏山で両手いっぱいの栗を拾い、子供たちの笑顔を思い浮かべながら、時間をかけてこしらえたあの温かい味。
    採れたての素材で丁寧に炊いた「おばあちゃんの栗きんとん」こそが私たちが目指す究極の栗きんとんです。

    栗きんとん

    栗きんとんは、岐阜の美濃地方に縁のある郷土菓子。栗と少しの砂糖を合わせて炊き、一つ一つ手絞りで仕上げたほっこり心温まる素朴な栗菓子です。

  • 超特選栗

    恵那山の麓の恵那・中津川地域で採れる栗は一般に恵那栗と称されていますが、その中でも厳しい栽培基準、出荷基準を満たした高品質の栗が「超特選栗」です。超特選栗は、契約生産者から全量、恵那川上屋に納入されます。

    日本一の栗を育てたい。

    栗博士が長年の研究で開発した「超低樹高栽培法」。太陽の光をたくさん浴び、生産者の負担を軽くした生育、剪定方法で、健康で品質の良い大きな栗を収穫できるようになりました。 そして、恵那・中津川地域にある超特選栗部会が定めた厳しい栽培、選果基準。これに見合ったものだけを「超特選栗」と格付けしました。高い品質の栗が採れる栗の里、その夢にまた一歩近づきました。

    超特選栗

    恵那山の麓の恵那・中津川地域で採れる栗は一般に恵那栗と称されていますが、その中でも厳しい栽培基準、出荷基準を満たした高品質の栗が「超特選栗」です。超特選栗は、契約生産者から全量、恵那川上屋に納入されます。

  • 岐阜県知事認定 飛驒美濃特産名人(栗)

    塚本 實(つかもとみのる)氏

    50年以上にわたり栗の品種、育成、栽培などを研究されている「栗博士」。普及をはじめ、栗栽培に関して多大な尽力をされた功績で黄綬褒章を授章。

    まずは栗づくりから。

    おばあちゃんならではの味を実現するには、まず素材の「栗づくり」から。
    生産者のみなさんと、栗の里づくりの夢をわかちあい、日本一の栗づくりへの二人三脚が始まりました。
    そして、「栗博士・塚本氏」との奇跡的な出会い。栗の専門家の助言をいただきながら、いつしか年間100㌧を超える、良質な栗が採れる栗の産地になりました。
    この地で生まれた「超特選栗」の栽培法は、全国の栗畑に広がっています。

    岐阜県知事認定
    飛驒美濃特産名人(栗)

    塚本 實(つかもとみのる)氏

    50年以上にわたり栗の品種、育成、栽培などを研究されている「栗博士」。普及をはじめ、栗栽培に関して多大な尽力をされた功績で黄綬褒章を授章。

  • 冷凍システム

    先進の冷凍装置で、細胞壁を壊さず風味まで瞬間冷凍。解凍時にはとれたての風味が再現されます。旬を休眠させるこの装置のお陰で一度に収穫された栗を全量納入できます。

    旬のおいしさを旬のままで。

    栗は鮮度がいのち。
    早朝に収穫された栗は、手早く、厳密な選果を経て午後には納品されます。工房に届いた栗はすぐに漉し粉(こしこ)に加工。特殊な冷凍システムで旬を冬眠させます。思い切った工夫で生産者は安心して栽培に従事でき、工房からは皆さんにいつでも採れたてのおいしさをお届けできます。

    冷凍システム

    先進の冷凍装置で、細胞壁を壊さず風味まで瞬間冷凍。解凍時にはとれたての風味が再現されます。旬を休眠させるこの装置のお陰で一度に収穫された栗を全量納入できます。

  • 栗の苗木プロジェクト

    栗菓子のすべてを恵那栗で賄いたいという大きな目標に向け、恵那・中津川地域の休耕地などを利用して栗の木を植えています。ふるさとの栗畑が着実に広がり、生産量も増えています。

    いつかはすべてのお菓子をふるさとの栗でつくりたい。

    「桃栗三年~」と云われますが、栗を苗から育て、おいしい栗が収穫されるまでには、約5年の月日が必要です。栗の里づくりのために私たちができることは、真心こめたおいしいお菓子をひとりでも多くの皆様に召し上がっていただき、栗の苗を一本ずつ増やしていくこと。いつかは恵那山の麓に広大な栗畑が広がり、すべての栗菓子をふるさとの栗でまかなえることを夢見て今日も心をこめて栗きんとんを絞っています。

    栗の苗木プロジェクト

    栗菓子のすべてを恵那栗で賄いたいという大きな目標に向け、恵那・中津川地域の休耕地などを利用して栗の木を植えています。ふるさとの栗畑が着実に広がり、生産量も増えています。

  • 農業生産法人 恵那栗

    恵那川上屋では、栗文化の継承・発展の活動として自社農園を稼働し、栗農園の手入れや収穫に忙しい栗生産者のお手伝いもしています。また、超特選栗の栽培技術と栗への想いを全国各地の栗栽培者に伝える活動も行っています。

    栗人の和へようこそ

    土から「ふるさと」づくりを考える頼もしい生産者がいます。一粒の栗を珠玉のお菓子にしつらえる栗菓子職人がいます。栗の収穫を楽しみに待ってくださるお客様がいます。 生産者とお客様、その架け橋となる恵那川上屋。この繋がりの「和」を私たちは「栗人(くりうど)」と名付けました。 一つの和の中で同じ喜びを分かち合えることが私たちの大いなる歓びです。

    農業生産法人 恵那栗

    恵那川上屋では、栗文化の継承・発展の活動として自社農園を稼働し、栗農園の手入れや収穫に忙しい栗生産者のお手伝いもしています。また、超特選栗の栽培技術と栗への想いを全国各地の栗栽培者に伝える活動も行っています。

お客様の声Voice

恵那川上屋の「栗きんとん」をお召し上がりになられたお客様からいただいた、お便りの一部をご紹介させていただきます。

  • お里帰りに、栗きんとん。

    結婚する前、関西に住んでいましたが、その時に彼が岐阜に住んでいて、手土産に栗きんとんを持って来てくれました。初めて食べて本当に美味しくて家族も絶賛していました。今は結婚をして瑞浪に住んでいるので、実家へのお土産は恵那川上屋のお菓子にしています。何を食べても美味しいですね。

    成瀬 様

  • 大好きなおばあちゃんに

    普段、小食で間食もあまりしない祖母ですが、恵那川上屋さんの栗きんとんは食べてくれます。なので、私は照れかくしで「仏様のお供えに・・・」といつも栗きんとんを買って持っていくけれど、本当はおばあちゃんに食べてほしくて持っていくんだよ!!

    林 様

  • 一個と言わず二個三個。

    静岡から可児へ嫁いで栗きんとんと出合い、実家へ栗きんとんをお土産に持って帰ったら美味しい、美味しいと一人5個も食べられビックリしました。そうとう美味しかったんでしょうね。

    石田 様

  • 秋の定番

    出張の多い主人は手土産として季節の栗きんとんを持って行きますが、出張先のみなさんに喜んで楽しみにしてもらっています。とても重宝しています。

    石田 様

  • 栗きんとんもいいけれど。

    結婚して岐阜県土岐市に来てそれまでは栗きんとんはあまり食べてなかったのに、こちらの店を知り実家へ帰るたび、おみやげとして季節ごとのお菓子を購入させていただいてます。とても好評で、最近ではリクエストされることも多いです。子供連れで行くことが多く、3才の息子が栗きんとんが大好きで試食にすぐ飛びついてしまします。小さくてもおいしいものはよくわかるようです。娘はあんこが苦手ですが、いちご福もちのカスタードが大好きで早くでないかな〜と今から楽しみにしています。

    石田 様

  • 娘も大好き、栗きんとん。

    私は恵那川上屋さんの栗きんとんが大好きです。娘も栗きんとんが大好きです。1才過ぎにはじめて口にしてから栗きんとんをはじめ栗ソフトクリーム等々、年を重ねるとともに大好きなものが増えてきました。今、娘は3才。看板をみると「栗きんとん屋さん」といって店に入るようにねだります。店内へ入ると一通り見て、自分の食べたい物の前でジーっとしています。買わずに帰ると怒るのでいつも何か買って帰るのですが、袋を大事にかかえ車へ。袋を開け嬉しそうに食べている姿は笑えます。

    川村 様

TV CMMovie

恵那川上屋の季節で味わう「四季の栗きんとん」をご紹介

恵那川上屋TVCM「そこには想いが」篇

車のシートに載り、皆さまのもとへ旅する手提げ袋。そこには大切に栗を育ててくださった生産者の方の想い、おいしいお菓子に変える私たち職人の想いがいっぱいに詰まっています。

四季の栗きんとんKurikinton of the 4 seasons

風土を素材に、風景を映し、風味を工夫した季節ごとの栗きんとんです。

  • 里長閑(さとのどか)

    自社工房製黒糖で炊き上げた栗餡のコクのある味わいを、自然薯を使った練り切りの朴訥とした土の香りがいっそう引き立てます。仕上げには花咲く里山の風景を型押しし、桜のジュレで香りと彩りのアクセントを添えた、春の訪れを愉しむお菓子です。

  • 栗観世(くりかんせ)

    清らかな水と、空気を含んだきめ細やかな泡が醸し出すぷるんとした食感。独自開発した「泡沫(うたかた)生地」で、栗きんとんを優しく包み、すくった川の水に沿う蛍の姿を映しました。

  • 栗きんとん

    栗きんとんは、岐阜の美濃地方に縁ある郷土菓子。栗にこだわる恵那川上屋が厳選した栗と少しの砂糖を合わせて炊き、一つ一つ手絞りで仕上げた逸品です。栗の品種や収穫期によって砂糖の量や炊き時間を工夫。手鍋で丁寧に炊き上げる昔ながらの味をお手本に、菓子職人が真心込めて炊き上げています。ほっこり心温まる素朴な食感をお楽しみください。

  • ひなたぼっこ

    天日で熟成した市田柿の中でも、大きさ、形ともに「ひなたぼっこ」に最も適したものを厳選して栗きんとんと合わせました。土づくりからこだわった市田柿をまるごと一つ使った冬のお菓子です。

※四季の栗きんとんは期間限定販売の商品です。ご注文の際はご注意ください。