和栗のシブースト

クラシックなお菓子に
新しい驚きを。
パティシエール・ミユ流の
新シブースト。

  • メイン1
  • メイン2
  • メイン3

和栗のシブースト

和栗と洋栗を贅沢に味わえる一品に仕上がりました。ブリュレ風味のクリームの中に潜ませた、刻みリンゴのシロップ漬けでシャキッとした食感をプラス。さらに、濃厚な味わいに調和するよう、バターを加えたカシスクリームにもこだわりが。ふわっとした優しい口溶けと、口の中に広がる栗の風味をお楽しみください。

想い

フランスの伝統菓子であるシブーストはもともと甘すぎるイメージがあり、どちらかといえば苦手としていたケーキでした。だからこそ、私流にアレンジし、砂糖を極限まで控え、栗の風味を最大限に生かした新しいシブーストに挑戦したいと思いました。クラシックなお菓子の美しさや、素材本来の色合いを尊重し、飾らないシンプルな見た目に。恵那川上屋の栗きんとんペーストと、スペインのホセ・ポサーダ社との共同開発による洋栗ペーストをマリアージュさせることで、和栗と洋栗を贅沢にお楽しみいただけます。この新作が「こんなシブースト初めて」といった驚きを感じていただけると嬉しいです。

3つのこだわり

ふわっとした口どけの和栗のシブーストクリームに、キャラメリゼの香ばしさをまとわせました。
酸味を利かせたカシスクリームは、少しバターを加えて濃厚な仕上がりに。
洋栗のブリュレクリームに忍ばせた刻みリンゴのシロップ漬けが食感のアクセント。

Patissier MIYU

レコールバンタンを卒業後、
都内バティスリー勤務を経て、渡仏。
オリヴィエ・バジャール国際製菓学校を卒業し、セバスチャン・プイエ氏のもとで修業。
現在は恵那川上屋にて洋菓子開発を行っている。