栽培方法

栗がよくわかる、栗の基礎知識
剪定なしで放置した栗の木は、高さ、幅とも8m以上になり、手入れが大変な上に、日照りが隅々まで届きません。すると、品質の低下、粒の矮小化、病害虫への抵抗力の低下を招き収穫量が減少します。そこで開発された超低樹高栽培の剪定技術では、効率的に枝を払い、樹高を2.5mに保つことで日照を確保し、女性や高齢者の手入れがしやすくなります。この選定方法で、農家の負担が減り、また、樹木が健康になることでの栗収穫量が飛躍的に増加しました。栗名人塚本氏によって開発された全国に誇れるすばらしい意匠です。

 栗を定植して3年までが「幼木」、14年までを「成木」15年以降は成木後期となります。これが栗の木の一生です。「桃栗三年〜」という諺のように、苗から3年程で結実しますが、おいしくなるのは4年以降といわれます。また「三つ子の魂百まで」という諺のように、若木になるまでの手入れの善し悪しで後の収穫や寿命など栗の木自体の性質が決まるようです。

胞衣、丹沢、銀寄、伊吹、出雲、大峰、金華、筑波、紫峰、利平、有麿、石鎚、品種によってそれぞれ特性があり、収穫の時期が違います。
 この11品種は東美濃地域の栗農家で栽培されている、日本でも代表的な品種です。多くの栗農家は、早生(わせ)から中生(ちゅうせ)、晩生(ばんせ)までいくつかの品種を混合栽培し、シーズンを通して安定した収穫量を確保しています。

胞衣、丹沢、銀寄、伊吹、出雲、大峰、金華、筑波、紫峰、利平、有麿、石鎚、品種によってそれぞれ特性があり、収穫の時期が違います。
 この11品種は東美濃地域の栗農家で栽培されている、日本でも代表的な品種です。多くの栗農家は、早生(わせ)から中生(ちゅうせ)、晩生(ばんせ)までいくつかの品種を混合栽培し、シーズンを通して安定した収穫量を確保しています。
このページの上部へ