「HJC2011 in 東京ビッグサイト」に出店しました。

超特選恵那栗の良さをもっと多くの方に知っていただく試みとして、毎年、東京の巨大展示場で開催される展示会にエントリーしています。

このシーズンいくつかある中で、今年は特に宿泊、飲食業会の方が多く集まる合同展示会、「HJC」に参加しました。

東京ビッグサイト

東京ビッグサイト展示会の様子

国際ホテルレストランショー「HOTERES JAPAN」、フードケータリングショー、厨房設備機器展が一度に開催されることもあり、連日2万人強、4日間でのべ8万5千人近くの、新しいもの、本物に敏感な業界人が集まります。

料理人やホテルの支配人なども多くいらっしゃるのを見込んで、今年は「えなくりのたね」をPRしました。

恵那川上屋のブースの様子

ブースをのぞかれる方々、「栗きんとん」の形はご存知ですが、栗きんとんの生地を売っている事に驚かれ、国産であるかどうか、日持ちの長さ、着色の有無などについて細かく質問されます。

時代を反映して本物の素材を求める姿勢が見受けられました。

恵那川上屋のブースの様子 その2

中には、初日にいらっしゃって大変気に入ってくださった出展者の方が、ご自分のブースを訪問されたお客様を連れてきてくださったり、東京にお勤めの岐阜出身の方がわざわざ足を運んでくださったり、栗きんとんの人気を伺わせるうれしい出来事もいくつかありました。

ホテルのお茶菓子に是非使いたい。

サービスエリアで扱いたい。

と気に入ってくださった方もあり、今後より広く超特選恵那栗の価値が認められていく事を私たちも期待しています。

みなさんも思いがけないところで、きんとんの種を使ったお料理を召し上がられることがあるかもしれません。

ご要望に応えられるだけのもっとたくさんの種を生産できるように、超特選恵那栗の栽培についても農家の方々といっしょに考えていきます。

 

恵那川上屋のブースの様子 その3 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.co.jp/mt/mt-tb.cgi/585