今年もお伊勢さんに奉納されました。

一昨年の初奉納に続いて、三度目の栄誉ある機会をいただけることとになり97日、超特選恵那栗をお伊勢さんに奉納して参りました。

これもひとえに、恵那栗の栽培農家の方々が、厳しい栽培・納入基準を遵守して素晴らしい栗を育ててくださったお陰と感謝しています。

奉納に値する努力が認められた実績のひとつとして、栗の品質を維持向上させるための「ひがしみの栗振興協議会 超特選栗部会」の設立。

また、第33回日本農業賞・集団組織の部 岐阜県代表選出。

さらに、革新的な農業経営が評価された「立ち上がる農山漁村」全国30カ所のひとつとして選定されたことなどが大きな評価基準となり得ました。

日々たゆまぬ努力と研究開発を重ねてくださっている栗栽培農家の方々には、日頃のご苦労が報われ、私たち以上に喜んでくださっていることと思います。

また、現在でも、鬼皮・渋皮がむきやすい品種の開発、種皮を利用した肥料づくり、下草が生えない工夫、剪定士の普及、選別の勉強会・情報交換会など多岐にわたって良い栗作りに向かって向上を続けています。

このように、農家の皆さん、そして恵那川上屋、それぞれの恵那栗に対する努力や想いを温めていくことで、また再び来年も恵那栗がお伊勢さんに行けることを願っています。

この栄誉をいつまでも賜れますよう、私たちも心を新たに栗菓子作りに精進したいと思います。

行列

参拝

奉納

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.co.jp/mt/mt-tb.cgi/514