恵那の栗だから自慢できること

栗の産地は日本全国にあり、それぞれその土地の環境にあった、個性ある栗が育てられています。今回は、産地で栗が収穫されてから、お菓子屋や八百屋に届くまでのおおまかな流れをご紹介します。

 農家で収穫された栗は、農家からで市場に持ち込まれると、各産地ごとに一つにまとめられ、選果作業に入ります。そして産地ごとにランク分けされた栗はそれぞれの地方に向けて出荷されます。

 栗の枝から市場出荷を経て、全国各地の卸市場に届くまで国内では約3〜5日が費やされます。栗は何より新鮮さが命。農家から工場までの距離が長いほど、その間に刻々と新鮮さが失われ、さらに虫の発生防止のための処理なども施されることになります。また、流通コストに加え、諸処の管理費が重なり、お菓子の値段にも影響します。

 恵那川上屋の契約農家は遠くても一時間以内の距離。朝採れた新鮮な果実を迅速に、そして農園ごとに直接納入して頂けます。農家と企業の連携は全国でも少ないとても恵まれた環境なのです。

 

早朝に収穫されて新鮮なうちに工房入りする恵那栗

(早朝に収穫されて新鮮なうちに工房入りする恵那栗)

つやつやの黄金色も、土の養分を吸った芳醇な香りも、きゅっとしまって歯ごたえのある食べ心地も、恵那地域の畑で出来た栗だから実現したことなのです。

 栗のランクには、その品質で「一般」「特選」に分けられますが、恵那川上屋の契約農家の栗はすべて特選を上回る「超特選」に格付けされています。恵那の畑は、気候、土壌、日照時間、標高、降水量など、栗の味が決まる大切な条件をすべて満たしているのです。

 その上さらに、他にはない強力な天然の肥料が施されています。それは「栗に対する熱い気持ち」。厳しい基準の品質管理基準のもとで一年中愛情という肥料で大切に育てられている栗は他にはないと自負しています。

 

厳しい栽培基準で大切に育てられています。

(厳しい基準で大切に育てられています)

 ここで前回の記事でも申し上げましたが、恵那山の麓で収穫される恵那栗の生産拡大を図ることが最大の目的ですが、お客様の要望に生産量がなかなか追いつかないのが現状です。全国各地の信用できる農家の方々に超特選恵那栗栽培の技術を供与し、恵那で収穫された栗に負けるとも劣らない栗を生産していただき、迅速に納入したもので足りない分を補っています。恵那の畑を拡大すると同時に、後々には産地の各所に加工所を設け、新鮮なうちに種に加工して納入する方法も検討しています。

 皆さんに少しでも安心、安全、おいしい栗を愛でていただけるよう、たゆまぬ努力をしています。これからも温かく応援よろしくお願いします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.co.jp/mt/mt-tb.cgi/433