手合栗最中

 餅米の生地を焼いた皮に、色々な餡を挟んでいただく最中は、和菓子の中でもスタンダードな商品です。恵那川上屋謹製商品にもオーソドックスな最中があり、好評をいただいていましたが、最初から合わせてある最中は、時間とともに餡等の湿気を吸って、皮がしっとりしてしまいます。(注:現在もまだありましたらおしらせください。修正します)

 そこで、皮と餡の別々に包んで、お客様が召し上がるときに合わせていただくような、手作り感いっぱいの最中をと試行錯誤を重ねた末、皮だけ、また餡だけ食べてもおいしい商品が出来上がりました。

 じっくりと炊き上げた栗あんと、パリッと香ばしく焼き上げた最中皮。お客様のひと手間でいつでもさっくりした出来立ての最中がお楽しみいただけます。

  手合わせという名前はお客様の手のなかで包んでいただく意味でしたが、合掌・感謝のイメージで、慶事や弔事の贈り物にもご用立ていただいています。

062_teawase.jpg

(皮だけもっと食べたくなるような香ばしい焼き上がりです)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.co.jp/mt/mt-tb.cgi/429