果喜熟

南信州下伊那郡は、標高や昼夜の寒暖差など、柿の生育にとても適した場所です。古田さんは、土づくりから果樹の生育にこだわり、有機低農薬栽培を実行される数少ない生産者です。

 清流とアルプスの里で、陽の光を浴びて育った市田柿。甘くて美味しいと全国的にも評判の干し柿に、さらに完熟状態までめいっぱい高原の天日をあてた「熟し柿」。「づくし」のとろけるような食感をお菓子で再現したのがこの果喜熟です。ぷるんとした食感の柿の水菓子で栗きんとんの餡を包みました。干し柿そのものをつかった「ひなたぼっこ」や「天日果喜」とはひと味ちがう新食感です。

059_kakizukusi.jpg

(おばあちゃんにもいでもらった熟し柿の風味が蘇ります)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.co.jp/mt/mt-tb.cgi/421