とら煮

 栗の実を守っている外皮、鬼皮や渋皮を剥く作業は、大変手間がかかることは以前にもお話ししました。旬の時期にはお客様の需要に皮むきが追いつかない忙しさになります。

 甘露煮など見た目が重要なお菓子ほど美しい仕上がりが必要ですが、最上級とされるダイヤモンドカットができる熟練した方は少ないため、必然的にお値段は高くなってしまいます。

 渋皮が寅模様に残っている「とらむき栗」は、ダイヤモンドカットよりも手間が省けるため、少々ですがお値打ちにお求めいただけます。さらに渋皮が残っていることで、栗本来の風味にポリフェノールなどの成分や、独特のコクも加わり「渋皮煮」よりもマイルドな味をお楽しみいただけます。

 度重なる試食と開発の結果、二つの味の「とら煮」を発売しています。形を崩さず柔らかく味が浸透するレトルト製法を用いて、お手軽にお召し上がりいただけます。寅年にふさわしい商品になりました。

063_torani.jpg

(鍋で炊くと崩れてしまいがちな甘露煮も、レトルトならきれいに仕上がります)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.co.jp/mt/mt-tb.cgi/412