栗羊羹 くりむし羊羹

栗菓子と言えば栗きんとんや栗饅頭と並んで「栗の羊羹」が思い浮かびます。渋めに入れた熱いお茶と小豆羊羹、中には黄金色の大粒栗の甘露煮がゴロゴロ。甘い物好きにはたまりません。

恵那川上屋の栗羊羹には「練り羊羹」と「蒸し羊羹」があります。それぞれ食感が違い、どちらも甲乙つけがたいおいしさです。「練り」羊羹は餡と寒天を練りながら火に通し、冷めていくうちに寒天で固まったもの。歯ごたえがあり、しっかりした餡の味が楽しめ、甘みが多い分、日持ちもします。「蒸し」羊羹は、小麦粉や葛を餡と合わせ蒸し上げたもの、あっさりとした軽めの食感でいくつも食べられます。蒸し羊羹はお砂糖控えめの冷蔵・生もの扱いです。お早めにお召し上がりください。みなさんもぜひ一度2つの栗羊羹を食べ比べてみませんか。

kurimushi_026.jpg

(どこを切っても大粒の栗が楽しめる栗蒸し羊羹)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.co.jp/mt/mt-tb.cgi/405