09秋 スペイン交流報告 その1

ヨーロッパでも栗きんとんは大人気。

 かねてより交流のあった、スペインのお菓子会社ホセ・ポサーダとのご縁から、この度、ヨーロッパのグルメフードショーに参加しました。

 2009年11月6日、7日、8日、本年度の担当国スペインの、サンディエゴ・デ・コンポーストラで行われたこの総会は、OENOガストロミック団体のヨーロッパ議会が主催。ヨーロッパ全土の高品質で多種多様な商品のテイスティングが行われる品評会です。 ワイン、海産物加工品、エコロジックフードなどの製造・販売会社や、バイヤーの方が参加し、ここで良い素材と出逢えばそこから取引や交流のチャンスが広がります。

  毎年国を替えて開催されるこの会に、恵那川上屋の栗きんとんを出品させていただける事になり、大変光栄な想いを胸にスペインに赴きました。当日は栗きんとんの実演を行い、地域食文化の継承や、栗での相互交流の意気込みなどをプレゼンテーションしました、

  欧州では比較的糖分が多いお菓子が伝統なので、栗きんとんの淡い甘さと風味の侘び寂が伝わるかとても心配でしたが、お陰様で大変な良い評価をいただき、温かい思いで胸がいっぱいになりました。

  参加のきっかけを作っていただいた、ガストロノミー協会理事のホセポサーダさんに感謝すると共に、ご縁というものの不思議さとありがたさを実感しました。

053_spain_event.jpg

(ヨーロッパの方々にも大好評だったきんとんの実演)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.co.jp/mt/mt-tb.cgi/409