霜降

Written on : 10.23.13

霜降とは、晩秋を迎え朝夕ぐっと冷え込み、霜が降りるころのこと。この時期になると山から次第に

霜が降りてきます。またふいに強い雨が降ったと思えばさっと青空が広がる「時雨」はこのころの

特徴的な空模様。その年の初時雨は、野山の生き物も人も、そろそろ冬支度を始める合図となります。

春の「山笑う」に対して「山粧う(やまよそおう)」という言葉があります。山装うは紅葉が始まるさまを

指します。今年は夏らしい暑さが続き、秋になっても台風が暖かい風を運んできます。今シーズンは

どのような紅葉になるでしょうか。

 

芋けんぴ.jpg栗の収穫も終わり、今の旬はさつまいもです。種子島里の菓工房では種子島特産の糖度の高い

さつまいも”安納芋”を使った安納芋けんぴづくりに大忙しです。昨年はご好評につき、数量が少なく

店頭のみの販売でしたが今年は増産予定でオンラインショップでもご購入いただけます。

一味違うこだわりの安納芋けんぴをぜひお召し上がりください。

 

オンラインショップはこちらから

http://www.enakawakamiya.com/category/797.html

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/867