梅祭りコンサート弦楽四重奏

Written on : 03.18.13

  恵那川上屋 東に隣接する「横井照子 ひなげし美術館」では、 3月17日(日)に、

中庭の枝垂れ梅の開花にあわせ、 多治見市交響楽団・弦楽四重奏団の方々をお招きして

春の「梅祭りコンサート」を開催しました。

 _SDI6514.JPG

 

寒かった冬も終わり、美術館のところどころでは小さな花が咲き始めています。

_SDI6497.JPG

 

プログラムはヴィヴァルディの「春」に始まり、春をテーマにした優雅なクラッシックの曲が続きました。

弦楽器の優しい音色にゆったりとしたリズムが、横井氏の絵をバックに、美しい春のしらべを

奏でます。

_SDI6510.JPG

 

ふだんオーケストラでみる弦楽器は一人ひとりがとても小さく見えますが、こうして間近にみると、

大きさも音の迫力もなかなかのものです。

_SDI6525.JPG

 

当日は穏やかな晴天となり、当日まで咲いていなかった庭の枝垂れ梅も、

この日を待っていたかのようにちらほらと咲き始めました。

_SDI6517.JPG

 

普段なかなか身近に感じることのできない本格的な音楽と、絵とお花とお菓子。

それぞれの芸術性がやさしく調和して春の歓びを感じることのできるこころも暖かくなるような

イベントになりました。

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/821