ジャパニーズ MAGOSTO!

Written on : 11.27.12

工房では11月25日(日)に「栗の里 豊年謝恩祭」を開催しました。

マゴスト.JPG

 

スペインの栗の里であるガリシア地方では、1500年以上も前から「MAGOST(マゴスト)」

という収穫祭が続いています。このお祭りは一年の恵みに感謝し、町中あげて収穫を祝います。


私たちは日本でも、MAGOSTOのように、お客様と地域の方と一緒になって収穫の喜びを

分かち合えるお祭りをしたいということで、数年前から秋の収穫祭を開催しています。

 

   

お祭りのメインの【焼き栗】

大きな鉄板の上で豪快に栗を焼きホクホクのまま食べます。 IMG_9270焼き栗.JPG 来場された方にプレゼントさせていただきました。

本場のMAGOSTでも町中で焼き栗が振舞われ、ワインで乾杯しながら収穫を祝います。

【豊作汁】

ジャパニーズケイマーダ.JPG

スペインでは「ケイマーダ」と呼ばれる、栗や果実を、おまじないをかけながらお酒で煮込んでつくった魔よけの飲み物があります。


私たちはこれを恵那川上屋風にアレンジし、当日朝、神事でお祓いを受けた野菜を味噌で仕立て「豊作汁」と名付けました。
日本版ケイマーダです。

 

楽しいイベントもありました。栗きんとん教室.JPG

即席の【栗きんとん教室】。工房の職人がお客様にレクチャーさせていただき、絞った栗きんとんをお持ち帰りいただきました。

 

普段は販売していない、貴重な「栗のおこげ」もお祭りだけの限定販売です。

栗のおこげ.JPG


 

いつも工房に素材を提供してくださる生産者の皆さん方の新鮮野菜や、海産物の販売も好評でした。
野菜.JPG

伊勢海産物.JPG

 海の恵み、山の恵みに感謝です。

 

他にも工房オリジナルの地元恵那地域の素材を使った石窯焼ライスピザ、炊き立て栗ごはんなど、秋の味覚満載の食べ物を提供させていただきました。

石窯焼ピザ.JPG

 

 

早朝から始めたお祭りはお天気にも恵まれ、大勢のお客様に来ていただき大盛況でした。

 

みなさまと過ごしたひと時、収穫・生産者の方への感謝の気持ちを忘れず心を込めてお菓子作りにはげみます。

収穫への感謝が終わるといよいよ季節は冬。クリスマス、年末年始と大きなイベントにむけ工房は準備に大忙しになります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/798