栗の選果作業

Written on : 09.18.12

最初の頃は少なかった栗の収量も日ごとに増えて、ラインがフル稼働できるほどになってきました。

朝に収穫された栗は、昼前には選果作業がおこなわれ選別されます。

こちらは坂下の圃場にある選果場です。

まず、カゴに入れた栗を水槽で水洗いし、この時に水に浮いてしまう浮栗を不良果としてザルで取り除きます。

栗をカゴに入れて水槽で洗います。

浮いた栗は取り除きます

水洗いされた栗は選果の台にあげられ、まず水気をふきとっていきます。

細いパイプのすき間から、水滴が下に落ちていきます。

水洗いした栗をすばやく拭きます

目視で、病虫害果を取り除いていき、最後はサイズの小さい栗は開いている穴から下のコンテナに落として、大きさで分けていきます。

栗の実をサイズ別に分けていきます

恵那川上屋への搬入は午後3時までと決まっているので、手早く作業を進めていきます。

今年は、イガむき機という新しい機械が入って、さらにスピードアップしました。

イガむき機というのは、イガに入ったままの栗の実をイガと実に分ける機械です。

若い栗の木の場合、イガごと落果することが多く、毎年イガの中から栗の実を取り出す作業に数時間を費やしていましたが、この機械を使えば短時間で処理できます。

イガ付きの栗を投入すれば、実だけが右下の黄色いコンテナに落ち、中央の黒い口からイガだけが飛び出してきます。

イガむき機

収穫された栗を手早く選別し、その日のうちに栗の加工ラインに乗せていくという方法は、恵那川上屋と農家が手を取りあって作り上げたしくみです。

品質も高く新鮮な「超特選恵那栗」の菓子を今年も皆様にお届けいたします。

 

◆恵那川上屋のオンラインショップ

http://www.enakawakamiya.com/

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/783

コメント(2)

おはようございます

イガむき機でスピードアップ!
いいですね。
作業効率がグンとアップですね。