夏から秋へ

Written on : 09.02.12

9月2日、坂下圃場の定点観察中の栗の木は、大きな変化は見られませんが、イガはまたひとまわり大きく成長していました。

9月2日定点観察の栗の木

前回と少し違うとことと言えば、畑のあちこちに未熟なままのイガが落ちていたことでしょうか。

未熟な栗

育ちきれずに落果する栗もありますが、見上げればたくさんのイガが、日差しをいっぱい浴びながら完熟の時を待っています。

成長する栗

8月後半の残暑が厳しい時には、気温が高すぎるのか季節の変わりめなのか、栗畑のまわりには花もなく、虫の声も聞かれませんでした。

でも今日は、ツクツクボウシのにぎやかな鳴き声に迎えられ、アキアカネが飛び回わり、足元にはヤブランの花が咲いていました。

ヤブランの花

空の雲、虫の声、そして草花が季節の移ろいを教えてくれています。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/778

コメント(2)

おはようございます
栗の実が順調に育っていますね。
収穫が楽しみですね。