青空のもと

Written on : 08.13.12

定点観察中の栗の木は、2週間ぶりとなる8月5日に写真撮りをしました。

夏期剪定から日にちもたって、葉が再び生い茂り、栗のイガもひとまわり大きくなってきました。

8月5日の栗の木まだ青々とした栗のイガは以前よりはかたくなって、さわると痛いと感じるまでに成長しました。

青々とした栗のイガ今年の栗は平年並みと聞きましたが、それは真冬の雪が舞う中での冬期剪定、炎天下での夏期剪定、下草刈りなど農家の皆さんの確かな技術と労力の証しでもあります。

あと2週間足らずで、また今年も農家の皆さんが軽トラで栗の搬入にいらっしゃいます。

今は栗の実が大きく育つようしっかりと日差しを浴びて、質の良い栗となって自然落果する日を待つばかりです。

雲一つない青空

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/772

コメント(4)

おはようございます
私の家の裏庭の隣にも栗の木があります。
枝が伸びてきて何個か落ちてくるので、
それがまた楽しみ?です。

よく生えていますね