旬直便「桃」

Written on : 08.11.12

8月4日から19日まで、旬直便として「桃」を使ったお菓子を販売しています。

落合の桃も好調ですが、今回のこの旬直便で使っている「桃」はお隣の長野県の南信州の桃です。

桃のお菓子の販売を始めるにあたって、お世話になる生産者の林さんの畑を訪ねました。

お菓子に使う「あさつき」という品種の桃は、畑を訪ねた時はまだ時期が早く、写真は「暁星」という品種の桃です。

色づいた暁星林さんがおっしゃるには、桃の木は20年ほどでその役目を終えて次の若木に世代交代をしていくそうです。

ですが、林さんの畑には、40年を経て未だに現役の木もあり、桃の木にかける林さんの愛情の深さを感じます。

長い年月の中、様々なご苦労もあったことでしょうか、林さんは「ただただ楽しい」とおっしゃるのみです。

桃の他にもラ・フランスの果樹もありました。

ラ・フランス最後は同行した各店の販売員と一緒に記念写真を撮りました。

林さんを囲んで記念撮影林さんの畑で大切に育てられた桃は、8月19日まで素材を最大限に活かした美味しいお菓子となって店頭に並んでいます。

こちらはその1つ「桃のまるごとタルト」です。

桃のまるごとタルト皆さまのご来店をお待ちしております。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/770

コメント(2)

恵那川上屋さんこんばんは!
ご無沙汰しております(^_^;)
ちょっとずつ再開です!

そういえば、今年はまだ桃食べてません(^_^;)
真心こめた桃をまるごと使ったお菓子、とっても美味しそうです!