初夏から夏へ

Written on : 06.13.12

定点観察中の栗の木は前回と比べて、幹まで覆うくらい葉がたくさん、タップリと茂ってきました。

6月13日定点観察の栗の木今日は気温も高く暑い日でしたが、太陽がいっとき雲に隠れると、畑に吹き渡る風は思いのほか涼しくて気持ちのいい日となりました。

栗の花はまだ満開とはいきませんが、特徴のある細長くフサフサッとした花が少しずつ開花してきています。

栗の花先日たくさん見かけた「ヘビイチゴ」はもうどこにも見当たりません。

初夏から夏へと、季節のバトンタッチで忙しいのか、ハチやチョウチョが畑の中をせわしなく飛び回っていました。

栗畑にいた虫実りの秋への道のりはまだ少しありますが、少しずつ季節が動いているのがわかります。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/750

コメント(4)

おはようございます

栗の花、初めてみました(^^)
垂れ下がるように咲くのですね

初夏への移ろい、山や田畑の色も少しずつ
緑が濃くなってきています
いい季節ですね(*^_^*)

恵那川上屋工房日記さん

こんにちは!

>特徴のある細長くフサフサッとした花が少しずつ開花してきています。

少しづつ咲いているのが現状なんですね。

実りの秋まではまだ時間があります。

順調に実りますように・・・\(^o^)/