夏越の祓

Written on : 06.11.12

今年も「夏越の祓」のための茅の輪を、恵那峡本店、中央店、瑞浪店、可児店の店頭に設置しました。

この茅の輪のカヤは、恵那市内で刈り取られたものを使っています。

「夏越の祓」では、まだ青々とした刈り取ったばかりのカヤを使い、年末の「年越の祓」ではワラを使って、人がくぐれるほどの大きさの輪を作ります。

毎年恒例で年2回ありますから、輪づくりをする従業員の手際もずいぶんとよくなりました。

茅の輪づくり
茅の輪づくり2
茅の輪づくり3
カヤを止める結び目もしっかりしています。

結び目茅の輪くぐりをすることで災厄をカヤに移し、無病息災を得ることができると言われています。

ご来店の際には、ぜひ輪くぐりをしていただき、迎える夏を健やかにお過ごしいただければと思います。

また、茅の輪のカヤには、いろいろな災厄が移っているとも言われていますので、カヤを抜いて持ち帰らないよう、どうぞそのままご自身の災厄のみ置いていってください。

「夏越の祓」は6月30日まで行っております。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/749