ヘビイチゴと栗畑

Written on : 06.04.12

定点観察の栗の木は前回と比べると、1枚1枚の葉が大きく成長してたっぷりとしてきました。

6月4日定点観察の栗の木葉が大きくなったことで、前回聞こえた葉と葉がこすれる「カサカサ」という軽やかな音はもう聞こえません。

大きくなった栗の花芽枝の先には花芽が一段と伸びて、花が咲くのはもう時間の問題のようです。

ヘビイチゴ見れば、足元のそこかしこに赤い実が。

本当の名は知りませんが、子供の頃に通学途中でよく食べた「ヘビイチゴ」が草の葉のわきから顔を出すように実を付けていました。

坂下の広い圃場を通る一本道ではすれ違う車もなく、木々をわたる風は涼やかで、このまま風に吹かれていたくなるような気持ちのいい1日でした。




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/745