栗の剪定士

Written on : 01.21.12

このブログで何度もご紹介している栗の剪定作業ですが、栗の剪定は美味しい栗をたくさん収穫するためにとても大切な作業です。

剪定方法ひとつで栗の出来が左右されると言っても過言ではありません。

そして特に技術が高く経験豊かな方を、東美濃栗振興協議会が「剪定士」として認定しています。

剪定士になるためには試験を受けなくてはなりません。

栗畑の一角で名札のついた栗の木を見つけました。

栗の剪定士試験

これは剪定士になるための実技試験に使われている栗の木で、このあと試験管によって評価を受けることになっている木です。

栗の剪定のむずかしいところは答えが一つではないというところです。

ななめ両隣の木との兼ね合い、その木の枝ぶりなどを見極めて必要でない枝を落とすのですが、何十年と栗を育ててきた農家の方たちでさえ、まだもっと良い剪定方法があるのではないかと試行錯誤を繰り返しています。

ですので、時には剪定方法について意見のくい違いが起きることもあるかもしれませんが、美味しい栗をたくさん収穫して、栗きんとんを心待ちにしていてくださる皆様に喜んでいただきたいという想いはひとつです。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/695