栗の剪定 

Written on : 01.16.12

年が明けて寒さは一段と厳しくなりましたが、10月の栗の収穫の終了は、栗農家の皆さんにとっては、次の秋の収穫に向けての、1年のスタートとなります。

中でも冬の剪定は、厳寒の中で行われる大変な作業です。

栗の木の剪定中

こちらは剪定前の枝と、剪定後の枝です。

剪定前の枝

剪定後の枝

こんなに落としてしまつていいのかと思うほど、バッサリと枝を落とします。

このくらいスカスカにしてあると、葉が繁ったとしてもどの枝にも十分に日が当たり、たくさんの実をつけることができます。

剪定前の栗畑と剪定後の栗畑です。

剪定前の栗畑

剪定後の栗畑

隣同士の木の枝がお互い邪魔することなくスッキリと並んでいます。

こうして剪定された超低樹高栽培の栗の木は、30年以上たってもたくさんの栗の実をつけます。

この坂下にある圃場は4ヘクタール、1600本の栗の木が植えられていますので、剪定には数か月かかります。

1本1本の栗の木と向き合って、まだまだ作業は続きます。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/693