栗の里 豊年謝恩祭

Written on : 12.27.11

11月23日に開催されました「栗の里 豊年謝恩祭」は時折小雨がぱらつく中、たくさんのお客様がご来場になりました。

今年の無事の収穫のお礼と、来年の豊作を祈願するための神事がまず執り行われます。

謝恩祭の始まり スペインのマゴストのように町をあげてというわけではありませんが、若いスタッフが栗を焼いています。

栗を焼く若いスタッフ 謝恩祭の会場では様々なブースが設けられています。

ご存じ「恵那栗」さんはきんとんドーナッツ。

恵那栗の皆さん    五平餅屋さんも人気です。

五平餅伊勢のあだこ岩がきの北川さんは、今回も朝とれたばかりの牡蠣をたくさん持って駆け付けてくださいました。

あだこ岩がきの北川さん新鮮野菜をお値打ちに販売する農家のみなさん。

農家のみなさん本格石窯で焼くピザは絶品です。

石釜で焼くピザ豊年謝恩祭でデビューの恵那栗の「栗焼酎」は今はオンラインショップと恵那峡店で販売中です。

栗焼酎の販売を始めました。そして日本ならではの風景「餅つき」には、たくさんの子どもたちが歓声をあげながら、元気よくついてくれました。

餅つきつきたてのお餅はすぐお客様に振る舞われます。

つきたてのお餅をふるまいます最後の〆は「餅投げ」です。

餅投げ小さな子どもさんからご年配の方まで、皆さんに楽しんでいただいた豊年謝恩祭も無事に終了することができました。

来年もまた11月23日に「豊年謝恩祭」を開催いたしますので、どうぞ楽しみにしていてください。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/689