スペイン紀行2011

Written on : 12.24.11

スペインのホセ・ポサーダ社と恵那川上屋との交流は今年で5年目になります。

スペイン北西、内陸部に位置するガリシア州オレンセは人口10万人。

1000年前に建てられたカテドラルや街並みがそのまま残るきれいな町に、今年もまた弊社社長とススタッフが出かけました。

文化も習慣も異なるスペインと日本ですが、栗に対する想いは共通するものがあり、栗農家とともに栗の品質向上に努めてきた恵那川上屋から学ぶことは多いと、いつも大変な歓迎で迎えてくださいます。

今回はホセ・ポサーダ社長に、日本人の好みに合ったマロングラッセは作れないかと提案し、恒例の焼き栗祭り「マゴスト」にも参加して、美味しいワインと栗を楽しみました。

マゴスト

私たちは、恵那栗を世界の人たちに知ってもらい、和栗が世界に通じる素材であることを認めてもらいたいとを願っています。

弊社社長も会員をつとめる食のプロが集まる「ガストロノミー協会」でも、恵那栗を食べてもらいアンケートもとりました。

ガストロノミー協会の

栗=お菓子ではなく、スペインのシェフたちとも話し合い、風味や味を引き立てる料理の素材としての栗の可能性も見出すことができました。

今回もオレンセ市長にお会いして友好を深め、日本から来た恵那川上屋スタッフも地元のマスコミに大きく取り上げられました。

オレンセ市長と

地元の新聞にとりあげられました。

日本の恵那栗を世界に広めたい、そんな夢にまた一歩近づくことができました。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/688