国産レモン 素材探究

Written on : 11.19.11

有田みかんの産地として有名な和歌山県有田郡湯浅町を、弊社スタッフが11月初旬に訪れました。

実はお目当てはみかんではなくレモン。

みかんの産地である湯浅町の気候と土壌、そして柑橘系果物を栽培するノウハウをもつみかん農家の方々、これらの条件が国産レモンの栽培にも生かされます。

みかん畑では今、みかんが真っ盛りです。

今が最盛期の有田みかん

その片隅でレモンの木を見つけました。

レモンの木

和歌山のレモン、静岡細江のオレンジ、種子島のたんかんと、日本各地で栽培されている柑橘系の果物を菓子でつなげて、お客様にお届けいたします。

市場から仕入れるのではなく、直接現地に出向いて、そこで働く農家の方たちの想いを受け止めて、さてどんな菓子にしようかと、スタッフたちはイメージを膨らませます。

和歌山のレモンはいったいどんな菓子になるのか、今からとても楽しみです。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/686