ほおずき

Written on : 07.09.11

久しぶりに和菓子工場へ。

菓子の製造は機械に頼るものもあれば、最後まで人の手によるものもあります。

材料をセットすれば、何とも器用に饅頭のかたちが出来上がっていく様子は、なかなかリズミカルで見ていて飽きません。

栗観世をつくる機械

一つ一つ手作りするものは、工芸菓子や上生菓子などありますが、こちらはこちらで経験と熟練を要求される仕事です。

オレンジ色のういろうに中は白あんで、ほんのり緑があしらわれています。

オレンジ色のういろう

粉をはたいてカタチを作り、表面に凹凸をほどこしていきます。

かたちを作っていきます

使う道具はこの棒状のものだけです。

出来上がったのは、上生菓子の「ほおずき」

上生菓子 ほおずき

そういえば、来週から恵那はお盆に入ります。

お迎えの準備はおすみでしょうか。

店頭ではお盆のお供えに落雁や干菓子もご用意しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/649

コメント(10)

おはようございます 恵那川上屋さん

>使う道具はこの棒状のものだけです

上手いもんですね
力加減などが経験ですね

恵那川上屋工房日記さん

おはようございます。

>材料をセットすれば、何とも器用に饅頭のかたちが出来上がっていく様子は、なかなかリズミカルで見ていて飽きません。

ほんと、そう思います。

ついつい見とれてしまいます(^^)

職人技によって仕上がるお菓子も見ていて楽しいものだと思います。

簡単そうに見えて、やっていると全く上手にできないでしょうね(^_^;)

こんにちは
きれいなほおずきですね!
このほおずきができるまでの工程は、確かに見ていても飽きないでしょうね
できあがったものも、食べたくなってきます^^

形が面白いお菓子ですね。
私は製造業の工場見学好きなんです。
こういう製造過程を見学してみたいですね。
暑さの折、お体大切にお過ごしください。

恵那川上屋さんこんばんは!

機械で作られていくのを見るのも楽しそうですが、やっぱり職人の手さばきを見る方が楽しそうです!

美味しいのに、美しく出来上がっていくから凄いですよね!