中日文化センター 特別講座 その2

Written on : 05.13.11

今日まで開講されている、中日文化センター特別講座。

おかげさまで盛況で、昨日行われた名古屋市栄の教室では、受講生が40名と多人数になりました。

ベテランのユガワさんが、段取りとポイントの説明をします。

説明をするユガワさん

今回の課題は「包みわらび餅」と「くずまんじゅう」、それに「栗のテリーヌ」の和洋菓子3種類を作ります。

講師となる職人が各テーブルについて、受講生の皆さんと向き合って細かい手順と作り方を実際にやりながら説明をしていきます。

各テーブルをまわるニシオさん

若手二人も、緊張しながらもきちんとやり遂げることができました。

若手二人

くずまんじゅう製作中です。

半円のカップにはたっぷりのくずが、栗と小豆のあんをくるむように流されています。

くずまんじゅうを作っているところ

型から抜いてひっくり返してお皿に盛れば、先日も紹介した夏菓子「くずまんじゅう」の出来上がりです。

くずまんじゅう

家に帰ってからも手軽に作れるようにアレンジしていますので、今年の夏は冷たいくずまんじゅうを自宅で召し上がっていただけるのではないでしょうか。

今日は最終日で豊田と岡崎で講座が開かれています。

この夏は、4日間かけて7か所、7回の講座をやらせていただきました。

5年間途切れることなく講座を開かせていただいたことと、毎回たくさんの受講生の皆さんが来てくださることに感謝したいと思います。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/613

コメント(10)

みなの顔が緊張しながらも
素敵に輝いているよ
素晴らしい

おはようございます 恵那川上屋さん

この講座を楽しみに待つお客さまも出てきたでしょう
くずまんじゅう、ぷるるん(^^)
いいなー

おはようございます

>5年間途切れることなく講座を開かせていただいたこと

 まさに、「継続とは力なり」の証明ですね
自分で出来ても、人に教えるのは、難しいと思います。若手の職人さんも育って、お客さんにも喜んでいただける。そして、恵那川上屋さんの知名度も上がる。地道な活動、参考になります

恵那川上屋工房日記さん

こんにちは!

どの教室も満員御礼なんでしょうね(*^_^*)

やっぱり女性がおおいのですか?

中にはTWINSさんのような料理好きな男性もいるんでしょう(^^)

豊田市ですか・・懐かしいなぁ。

豊田市、三好市に7年間住んでいました(^^)

こんにちは
これは凄い!
近くで開催されていたら絶対に参加したいです!
くずまんじゅう作れたらちょっと鼻高々って気分ですよね

ちなみに先日のスナックエンドウ!
どう見てもそらまめだと思います(^^;