被災地へ

Written on : 04.30.11

東日本大震災が起こって1か月半たちました。

亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

また被災された皆様に心よりお見舞い申し上げ、1日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

自宅を失い避難所での生活を余儀なくされている方々も、まだたくさんいらっしゃいます。

長引く避難生活に疲労やストレスが、ずいぶんたまってみえるのではと思います。

遠く岐阜に住むワタシたちにできることは、義援金を集めたり、日本の経済が停滞しないように東北の皆様の分も一生懸命働くことと思い、日々仕事に務めています。

そんな中、弊社社長が震災で甚大な被害を受けた気仙沼へ、友人とともに出かけました。

支援物資を積んだワゴン車と、車が足りないという現地に寄付するための軽トラの2台で、13時間かけて気仙沼高校を目指しました。

走行距離885キロ、寝袋やレトルト食品、カセットコンロを準備しての長旅となりました。

恵那川上屋からは和菓子を支援物資の一つとして用意しました。

箱詰めにして、ほこりなどが入らないように、そして少しでも日持ちをよくするためにパックしていきます。

箱に詰められた饅頭

ひと箱ずつ密封します。

箱の上には被災地にあててのメッセージをいれた掛け紙をかけました。

 

掛け紙 今被災地はどうなっているのか、被災者の方々はどういう暮らしをしているのか、またこのブログで少しでもお話できたらと思います。

お帰りなさいの待つ家があることを感謝するこの頃です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/603

コメント(4)

凄い社会貢献ですね
私はさすがにそこまでできません
その志の崇高さが素晴らしい

おはようございます
気仙沼へ行かれたんですね
>走行距離885キロ
ご苦労様でした
私はもっと近いのにまだ行ってません(^^;
今は自分の仕事を精一杯やりぬく事が最優先と考えておりますが、
今後は定期的にそして継続可能な事を行動に移して行きたいと思っています