稲穂にスズメ

Written on : 01.04.11

恵那峡本店のテラス脇には、ディスプレイの1つとして稲藁をはざかけして置いてあります。

気がつくとそこにスズメたちが集まって来ていました。

稲穂で遊ぶスズメたち

「稲穂に雀」といえば縁起のいい図柄として、掛け軸や茶器などに描かれることがありますが、古くから私たちの生活の中で、一番近くて馴染みのある野鳥のスズメも、この50年で10分の1まで減少したと聞きました。

特に都会では、巣つくる場も減り、エサにも困るようになったためではないかと言われていますが、原因はまだ特定されていないようです。

今年のお正月は暖かくて天気の良く、まだお客様でにぎわう前にやって来て、朝日のあたる稲藁でいっとき遊んで、また飛び立っていくスズメたち。

商売をやるものにとってはありがたいこの光景が、これからもずっと続きますように。

そして恵那の豊かな自然も、今のままずっと続きますように。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/558

コメント(10)

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

>稲穂に雀

微笑ましい光景ですね

こんにちは
はさがけがあると雀も安心するのかな
それとも好物のお米が食べられるからかな

あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたします。
稲藁のはざかけにスズメの光景、今年も良いことありそうな予感がします!
すご〜く得した気分です、ありがとうございます。

恵那川上屋工房日記さん

おはようございます。

>恵那峡本店のテラス脇には、ディスプレイの1つとして稲藁をはざかけして置いてあります。気がつくとそこにスズメたちが集まって来ていました。

ほんとだ・・・・(*^_^*)

とっても可愛らしじゃぁないですか!!

思わず微笑んでしまいますね♪

そういえば最近スズメが減ってきているとのこと、あまり見かけなくなりました。

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いします

>そして恵那の豊かな自然も、今のままずっと続きますように。。

 いつまでも、そうあって欲しいものですね。