種子島での挑戦

Written on : 12.18.10

このブログで10月に紹介した「栗のパウンド -プレミアム-」はおかげさまでご好評いただいていますが、このパウンドケーキには商品説明にもあるとおり【白い黒砂糖】を使っています。

黒砂糖は黒いから黒砂糖であって「白い」というのは言葉として矛盾していますので、「はて?」と思われた方も多いことでしょう。

写真はあくまでも商品のバックとして撮ったものなので、ピントが合っていませんが、これが白い黒砂糖です。

白い黒砂糖

まだ量産ができないため表舞台には立てません。

普段ワタシたちが使っている白砂糖は、サトウキビのしぼり汁を煮詰めて、雑味のもととなるものを取り除いたものです。

この雑味を取り除くと、栄養も同時に取り除かれてしまいます。

雑味が残っている黒砂糖は栄養分は残っていますが、黒砂糖独特の風味のために用途が限られてしまいます。

白砂糖と黒砂糖、双方の良いところだけを残した砂糖は作れないものかと研究を重ねた結果、特別な技術をもちいて【白い黒砂糖】が誕生しました。

【白い黒砂糖】はサトウキビを原料とし混ざり物もない、まぎれもなく砂糖です。

色の違いや異質なものを別に切り分けてしまいたくなるのは人の常ですが、そこはどうぞ大きく構えて素直にお砂糖の仲間入りをさせてやってください。

年が明ければ早々に、種子島の工房で作られた黒砂糖が入荷することでしょう。

新栗が入荷する8月も楽しみですが、今では黒砂糖が入荷する2月も楽しみな季節となりました。

 




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/550

コメント(10)

こんばんは 恵那川上屋さん

>【白い黒砂糖】

特別な黒砂糖ですね
材料にこだわる姿勢が素晴しいです(^^)

おはようございます
砂糖って奥が深いんですね〜!
何気なく触れていたように思います
>この雑味を取り除くと、栄養も同時に取り除かれてしまいます。
最近こういった所が注目される傾向にありますよね
>【白い黒砂糖】
大注目ですね!

こんばんは〜。
白い黒砂糖?驚きました。
甘いもの好きな次男が大喜びしそうです!
栄養価のある甘味、朝に寝ぼけがちな次男の
エネルギー源になりそうです。
サトウキビが原料の砂糖、優しいお味がしそうです♪

こんにちは
今、長野県明科に降ります」
今夜、7時半頃中津川を通過します

白黒糖貴重品なんですね
見たことなかった
種子島の横の屋久島までいったのにね。
まだまだ日本中に知らないことが多いな

恵那川上屋工房日記さん

おはようございます。

>先日とても悲しいことがあったので、こういう時こそと宝くじ買いました(^_^;)、でも数日後にいいこともあったので、「これでチャラ」かもと思いました。

ハハハ・・・(^^ゞ

まだ抽選日まで楽しめますよヽ(^。^)ノ

>いい事もあれば悪い事もある…これって「宇宙の法則」なんですね。いいお話をありがとうございます。

哀しい時や苦しい時を乗り越えればその反対もくるのだと思います。

マイナスを乗り越えて行くには「事実を受け入れる」こと・・・。

でも、中々簡単にはできないですけどね・・・(^^ゞ