感謝をこめて

Written on : 09.30.10

今日9月30日、ホテルアソシア名古屋ターミナルが36年間の歴史に一旦幕を閉じます。

前日の9月29日はホテルとして宿泊客を迎える最後の日でした。

その最後の宿泊客として、弊社従業員10名ほどでホテルに宿泊しました。

今まで言い尽くせないほどお世話になったことへの感謝の気持ちを伝えたいと、手土産に月ごとの上生菓子を持参しました。

12ヶ月を表した上生菓子

ユガワさん渾身の作品

和菓子職人の渾身の作品で、中にはウチらしく栗きんとんを詰めています。

総支配人の柴田さんも大変喜んでくださって、ワタシたちの食事をする部屋にきれいに並べてくださいました。

この日はホテルの最後の日の記録撮影もしていて、12ヶ月の日本の四季の細やかなうつろいを表した上生菓子を前にカメラがまわりました。

格別な扱いに同行した和菓子職人も心底喜んでいました。

柴田さんは人のやさしさや心を汲み取る達人で、最後の最後までワタシたちを感激させてくれました。

レストラン「ひととき」の太田料理長のユーモアがあって少しお茶目なご挨拶を受けて、文字どおり楽しい極上の「ひととき」を過ごすことができました。

日が暮れて、長年お世話になったカフェジャンシアーヌの前には、ジャンシアーヌ名物とまで言われた栗きんとんのワゴンが置かれていました。

カフェジャンシアーヌの栗きんとんワゴン

今日もアソシアの皆さんのおかげで完売したのかひっそりとしていましたが、このワゴンで皆さんが入れ替わり立ち代りお菓子を販売してくださっていたかと思うと、胸がつまりました。

ワゴンに並べてあった羊羹をつかんで走って逃げようとしたお婆さんを、支配人が追いかけて「こんなことしちゃいかん」と説教をしたという話も、今ではなつかしく思い出します。

ホテルアソシア名古屋ターミナルの皆さん、お世話になりました。

長い間本当にありがとうございました。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/510

コメント(6)

恵那川上屋工房日記さん

こんばんは!

>前日の9月29日はホテルとして宿泊客を迎える最後の日でした。その最後の宿泊客として、弊社従業員10名ほどでホテルに宿泊しました。

36年間の長きに渡り長いお付き合いがあったんでしょうね。

最後の宿泊と言うことでスタッフのみなさんも感無量の想いがあったことだと思います。

今度は新しいアソシアで長きに渡って名古屋の顔として頑張って欲しいですね。

こんばんは
>ホテルとして宿泊客を迎える最後の日でした
 う〜ん
 そうですか
 一度は泊まってみたかった

おはようございます 恵那川上屋さん

一旦と言うことはまた再開されるのですね

>ジャンシアーヌ名物とまで言われた栗きんとんのワゴンが置かれていました

見慣れた風景だったでしょうから無くなると寂しくなりますね

月ごとのお菓子は粋ですね