七夕果子懐石

Written on : 08.07.10

8月6日〜8日までの3日間、岐阜県瑞浪市では半世紀の歴史をもつ市民参加型の夏祭り「瑞浪美濃源氏七夕まつり」が開催されています。

この七夕まつりに合わせて、弊社瑞浪店でも毎年「果子懐石」のイベントを行っています。

今年は8月6日に開催し、果子懐石のテーマは「太陽」

太陽の恵みを受けて育った草花、果実を使い、素材をいかした菓子にして、改めて太陽の恵みに感謝すること、そこにはあたりまえのことをあたりまえと思わず、来店してくださるお客様はもちろんすべてに感謝の気持ちをという思いが込められています。

おしながきは

■種子島産山桃ソーダ割り

■瑞浪シェフのトリコロール

○長野産アスパラガスのプディング

○沖縄産マンゴープリン

○トマト丸ごと寒天ゼリー(山岡細寒天使用)

■じゃがいもとたまねぎとアスパラガスのスープ

半原かぼちゃとキャラメルのタルト アングレースソース添え

■半原かぼちゃとキャラメルのタルト(アングレーズソース添え)

和懐石 -太陽の恵み-

■和懐石 −太陽の恵み−

○枝豆の冷製おしるこ

○トマトとチーズのパリパリサラダ

○レモン、牛乳のこおりどうふ(山岡細寒天使用)

■お抹茶(宇治抹茶) やまごぼうのみそ漬け

シンフォニー -プラネット-

■デザートケーキ −シンフォニープラネット−

■実演

○焼きたてクレープ包み−桃を添えて−(飯島産の桃 種子島の黒糖を使用)

石垣島産パインアイスデザート

■石垣島産パインアイスデザート

以上となっています。

果子懐石では、従業員は浴衣に着替えてお客様をお迎えします。

普段の仕事とは少し勝手が違う中で、お客様をもてなすために何をすればいいのかを学び工夫します。

お客様がお帰りの際、「来年もまた来ます」と言ってくださることが、ワタシたちの宝物となります。

感謝です。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/496

コメント(4)

恵那川上屋工房日記さん

こんにちは!

>太陽の恵みを受けて育った草花、果実を使い、素材をいかした菓子にして、改めて太陽の恵みに感謝すること、そこにはあたりまえのことをあたりまえと思わず、来店してくださるお客様はもちろんすべてに感謝の気持ちをという思いが込められています。

素晴らしい考えなんですねヽ(^。^)ノ

>普段の仕事とは少し勝手が違う中で、お客様をもてなすために何をすればいいのかを学び工夫します

社員の方は雰囲気の違う中で何かを学ぶことができすんですか!!

接客業ですから普段と違った雰囲気の中で行うのも勉強の一つだと思います♪

沢山の人たちに「来年も来るよ」と言ってもらえるといいですねヽ(^。^)ノ

こんにちは 恵那川上屋さん

いつもながらお菓子の域を超えてますね
皆さん心待ちにしているのでしょうね