第11回工房感謝祭 − 工芸菓子 −

Written on : 05.18.10

5月23日に開催される「工房感謝祭」では、毎年、和菓子、洋菓子、焼菓子の各職人が、日頃培ったウデを披露するために工芸菓子を出展します。

今年も各工房で仕事が終わると、工芸菓子の制作が始まりました。

工芸菓子は当日来店されたお客様に、人気投票をしていただきますので、職人たちもおのずと気合が入ります。

今日は、洋菓子工房で製作途中のものを見せてもらいました。

お砂糖で作った白いバラ

白いバラは、砂糖ペーストというもので花びらを作り、卵白で一枚一枚重ねて貼り付けていきます。

洋菓子工房の若いパティシエたちが、パーツごとに担当を決めて毎日コツコツと作り上げています。

一つ一つていねいに花びらを作ります。

これだけではまだ全体像が見えませんが、最後には一体何が出来上がるのかは当日のお楽しみとして、ワタシも楽しみにしたいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/466

コメント(6)

おはようございます 恵那川上屋さん

何と若い子達が作っているのですか
見事なもんですね

感謝祭行きましたよ!雨の中お疲れ様でした!
毎年行っていますが、色々なところが昨年より
改善されていてとても良かったです!
もちろん工芸菓子にも投票しましたよ!
毎年楽しみにしています。

恵那川上屋工房日記さん

おはようございます。

とても素敵なバラ・・・・これが砂糖でできているなんてとても思えません。

凄いなぁ!!

皆さんに喜んでもらえるといいですね(∩.∩)