春を待つ栗畑

Written on : 04.01.10

3月の末に、農業法人「恵那栗」のイトウさんの案内で、何ヶ所かある自社の栗畑の一つへ行ってきました。

4月が間近というのに風は冷たく、前日には雪も降ったそうです。

真冬の雪深い頃に、剪定をした栗の木はずいぶんとスッキリとして、細く若い枝を空に向かってのばしています。

恵那山をバックにした栗畑

栗畑の向こうには、勇壮な恵那山を見ることができます。

畑の手入れはとても行き届いていて、もう少し暖かくなれば新芽が芽吹き、今年の秋も大粒の「超特選恵那栗」の実をたくさんつけてくれることでしょう。

栗畑で研修を受ける新入社員

今回、3月21日に入社した新入社員も研修に訪れていました。

20年30年と年月を経た栗の木のように、たくさんの人の手を借りて育ち、彼らもいずれはワタシたちの仲間として、大いにがんばって力を発揮してくれることを、今からとても楽しみにしています。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/446

コメント(6)

こんにちは 恵那川上屋さん

栗畑、こうして見るとスゴイですね
新入社員の方々もしっかり根を張ってくれると良いですね(^^)

恵那川上屋工房日記さん

こんばんは!

栗の木も早く春がこないかなぁと待ち望んでいるんでしょうね(*^-^*)

秋の収穫が今から楽しみなことでしょう!!

写真の内の何人が新入写真なのですか?

ひょとして10人くらいの入社なのですか???

そうだとしたら凄いなあ!!!

こんばんは
関係なけれど高松にですね
栗林公園ってのがあるのです