チョコレート教室

Written on : 02.07.10

2月14日のバレンタインデーも間近になって、オンラインショップでも、チョコレートをお買い求めのお客様にご来店いただいています。

一番人気は、素材重視のディップとトリュフの詰め合わせ「香味*果の実トリュフ」でしょうか。

それとも、いかにも栗屋らしいチョコレート菓子の「ちょこきんとん」でしょうか。

今のところ両者ゆずらずといった感です。

「義理チョコ」という言葉が定番化してから、バレンタイン商戦は激化したのではないかと思っていますが、お手頃価格のチョコレートは、一度にまとめ買いされるお客様もみえて、やはり日本人は「義理人情」に厚い国民性なのだと感じ入ってしまいます。

そんなバレンタインデーを一週間後に控えた今日、恵那峡本社の工房で「チョコレート教室」を開催いたしました。

今日の講師はパティシエのアンドウです。

chocoschool1.jpg

普段職人たちが仕事をする場所にそのままセッティングした工房内で、バレンタインに向けてのトリュフ作りに皆さん一生懸命です。

chocoschool2.jpg

できあがったトリュフを箱に詰めたら、今度はラッピング講師の資格を持つハラが、簡単にできて見栄えのいいラッピングを、手際よく披露します。

参加者の皆さんはカメラ片手に熱心に聞いてみえました。

chocoschool3.jpg

時間も余裕があり少人数の教室で、最後まで和やかに進めることができました。

きれいにラッピングされた手作りトリュフは、大切な方へのプレゼントとして、心に残る思い出となればとてもうれしいです。

今回はチョコレートでしたが、次回は別のパティシエが4月の中旬に計画をしていますので、どうぞお楽しみに!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enakawakamiya.com/mt/mt-tb.cgi/420

コメント(2)

こんにちは 恵那川上屋さん

いよいよ今週末はバレンタイン
忙しくなりますね(^^)